コーヒーのおとも

25年5月に出産。現在産休中です。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 出産記録BLOGTOP » 0ヶ月 » TITLE … 出産記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産記録

出産予定日は4月20日でした。
早生まれにならなければいいなーと思い、4月を過ぎてから運動を始めました。
もともと運動嫌いの私…
1日1時間の散歩もなかなか苦痛で、ipodを聞きながら娘が通うことになるであろう小学校や中学校の周辺をぐるぐるしたり、
保育園を探しながら歩いたり、
雨の日はマンションの階段を昇ったり降りたり…

ジンクスといわれるオロナミンC、焼肉、雑巾がけ。
色々やりましたが、結局41週になっても出てこないため誘発分娩に。涙
4月予定日だったのに、誘発剤投入のための入院が5/1になり、笑ってしまいました。

IMG_1880.jpg


5/1、1本目の誘発剤を投入前に内診がありましたが、まさかの子宮口は0cm!
先生も笑っていました。
朝の9時から点滴し、夜の9時くらいで終わったと思います。
その間、3時間おき程度に助産師さんの内診があるのですが、これが地獄でした。
1日かけても子宮口は1cmしか開いてなかったため、内診の都度にぐーりぐーり。
「ヒィィィィィ」という悲鳴が陣痛室の外まで聞こえ、夫と母を何度も心配させました。

5/2、2本目の誘発剤を投入。この2本目で開かなければ帝王切開と言われていたため、食事は朝食のみ。
午後2時、ようやく子宮口が3cmに!
しかしこのころすでに5分間隔の陣痛になっており、激痛に次ぐ激痛。
夫も母も腰をずっとさすってくれていましたが、何をしても痛い痛い痛い!
合間の内診はもっと痛いー!!!恐怖と痛みのあまり、手足がしびれて過呼吸になりビニール袋を当てて呼吸していました。
もう何度も「帝王切開にしてください」と言おうかと思いました。
母も喉まで出掛かっていたようです。


無痛分娩を予定していたため、5~6cm、子宮口が開かないと麻酔が打てないとのこと。
ようやく5cmになったのは深夜1時。5分間隔の陣痛を12時間味わいました。
たまたま夜勤で麻酔の補助をしてくださった助産師さんが師長さんだったので、このときは本当にほっとしました。
それまで新人助産師さんにも内診されていたのですが、新人さんの内診は格別に痛くて…
一生懸命やってくださっているのはわかるのですが、こちらに余裕がなかったので、ここ一番(?)で師長さんだったのはラッキーだなあと思います^^

麻酔を打ってからはMAXの痛みからすると40%程度に落ち着き、このあたりでようやく朝食以来の水分をとることができました。
深夜にゆるゆると子宮口は開き、8cmになったのが朝の8時頃。ここで分娩台にあがりました。
分娩台にあがってから必死に息み、40分程度で「ほにゃあほにゃあ」と弱めの産声が。
私は「ああ終わったんだ、やっと産まれてきてくれた~」が最初の感想で、その後すぐ、立会ってくれた夫に指が全部5本ずつあるか確認しました。

男の子でも女の子でも、とにかく五体満足で産まれてきてくれればそれでいい。
妊娠中、これだけを考えて過ごしてきました。
まずは、無事に産まれてきてくれてよかった。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。